秘密のアジトへようこそ!


by gaia-gear_a2

行ってきました!DEATH NOTE 前編

ほっちゃんのポスターお渡し会に参加できると思って休みにしてたけど
見事に外れたので、せっかくなので初日、一回目の上映で見てきました!

完全座席指定なので、ゆっくりしていたら上映5分前到着。
せっかく無料ポップコーンを食べながらジュース飲もうと思ってたのに
販売コーナーは他の映画をみる客がめっちゃ並んでて買えませんでした(T_T)
ん~、せっかくシネマメイト特典が勿体ない・・・

予告が始まり、この夏の新作でトリックの時には無かった
「ブレイブ ストーリー」の予告があったんですが、主役の松たか子が
坂本真綾っぽくてボク的に好印象でした(^^)
ちょっと見ても良いかなぁとか思っちゃいました。

さて、本編ですがアシッドでも紹介していたように
冒頭のキラによる制裁シーンで死んでいく様はホントうまく演じてるなぁと思いました。

しかし、月の天才ぶりがまったく表現できていないのがめっちゃ残念でした(T_T)
なんかホントにただの殺人者って感じしか伝わってこないので原作を知らない人は
月がどれだけのことを考えてこういった行動に出ているのかが分からないんだろうなぁ
と言うより考えずに行動しているようにしか思えません(^^;;

バスや地下鉄のシーンもかなりの見せ場なのに残念です。
やっぱり、一番残念なのは南空ナオミですね。
原作ではかなり有能な捜査官って感じだったのに・・・・

やっぱり、ナオミとの対決はLに情報が渡ってします前に
どうやって本当の名前を聞き出すのかというあの緊迫感が面白いのに・・・・・

映画版では、キャンバスで分かれたとのナオミの行動が描かれてないし
あの後すぐにLの元へ行ったりしていたらどーすんねんってところもダメだし、
やっぱり、Lの捜査が迫ってきている緊迫感が全然感じられないところもダメだし、
せっかくの題材が全然活かされてなくてホントめっちゃ残念。

最後のナオミとの対決シーンもなんやねんそのトリックって感じで
オリジナルで表現するんだったら原作に負けないくらいのインパクトのある
「そうだったんだぁ」と感心するような設定もってきて欲しかった。

Lとの対面シーンもあれを持ってくるって事は、あの仕掛けがばれてるって事?
って確かに次回が楽しみになるのですが、捜査本部へ入る為の行動としては
どうもあのやり方は頂けない気がします。やっぱりインパクトが弱いです。
原作のように、あの月の悪い顔が見られたら良かったんだけどw

途中、TVに出ているミサミサをリュークが注目するというシーンがあったので
映画版ではすでにデスノートもってて、寿命が見えないからなのかなぁと
思ったけどあのシーンの疑問は後編で解決するんだろうか(^^;;

前編を見終わり、後編の事を思うと原作通りLを倒すところを描いてくれるのか
心配になってきました(^^;
ニア編の最後を組み合わせたL勝利で終わったりして・・・

ん~、アシッドでの金子監督の印象ではあずみ2は思うように作らせて貰えなかった
みたいだったので、その鬱憤を晴らすべくこのデスノートに挑んでるに違いないと
期待してたのになぁ・・・これはアニメ版デスノートに期待するしか無いかもね。
[PR]
by gaia-gear_a2 | 2006-06-17 23:00 | 映画 | Comments(0)